唐揚げ 門前仲町 ザンギ注目キーワード
  1. 居酒屋 門前仲町
  2. ぐるりや
  3. ザンギ 唐揚げ 
  4. 日本酒
  5. ハイボール
まん延防止等重点措置に基づく協力要請に従い、7月11日(日)まで、夜の営業終了は20:00(お酒の提供は19:00まで、滞在時間90分)とさせていただきます

「船中八策」という日本酒の3つの魅力

  • 5月 6, 2021
  • 6月 17, 2021
  • お酒

高知県は四国の中で一番面積が広く、ダイナミックな自然が魅力。

そんな高知県を代表する銘柄のひとつ、「船中八策」という超辛口の日本酒をご存じですか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぐるりや(@gururiya2019)がシェアした投稿


「船中八策」とは坂本龍馬が新国家のあり方について船中で考えた八つの策で、この竜馬の策案は徳川慶喜の大政奉還により実現されたといい伝えられています(船中八策はフィクションだ!という説もあるようですが…)。

今回は、当店でも大人気のこの「船中八策」というお酒の魅力について、ちょこっとだけ語らせてもらいたいな、と思います!

「船中八策」誕生までの軌跡

瀬戸大橋が開通した昭和63年(1988年)、司牡丹は「日本名門酒会」のオリジナル商品(流通ルート限定商品)として、超辛口の純米酒「船中八策」を新発売します。これは、坂本龍馬と最も縁が深い蔵元と言われる司牡丹として、初開発の龍馬関連ブランドであり、明治新政府のあり方について坂本龍馬が船中にて考え出した八つの策から命名された、ロマン漂う逸品です。元々、日本全国の酒が甘口だらけであった時代から、司牡丹を筆頭とした土佐酒は辛口の酒として名を馳せていましたが、この頃の地酒ブームと辛口ブームにより、全国的に辛口酒が増えたため、土佐酒本来の個性もその渦の中に埋没しつつありました。そのことを憂えた(株)岡永の飯田博社長(故人)と司牡丹酒造の竹村維早夫社長(当時・現相談役)は膝を突き合わせて話し合い、それならさらに辛い超辛口を出そうじゃないかと考え、その超辛口酒に熱い念いを託し「船中八策」の名を冠したのでした。

その味わいは、超辛口でありながら極めてなめらかに味わいが膨らみ、さらりとしたキレは抜群で、いまや司牡丹を代表する大人気商品

超辛口で媚びない味。クールジャパンの代表格

豪快な竜馬が船の上で考えた、という映画のようなワンシーンが浮かんでくるロマンあふれるネーミングのお酒なのですが、そのお味も、ドラマティックなんです!

超超辛口なのに、ふくよかなうまみの広がり。キレ味抜群だけど決して媚びることなく、脇役にも主役にも回ることができ、主張もできる。

そんな印象の「船中八策」ですが、ダイナミックな自然にはぐくまれた高知のお料理とはビッタシ合う!やはり郷土料理との相性は最強です(^-^)
どろめ、かつおのたたき、生酢のお寿司、太刀魚の塩焼き。もうそろそろアユの季節でもありますね、アユの塩焼き、食べたいぜよ~

飲み方、自由自在

冷やでも常温でも燗でも、万能選手な「船中八策」さんですが、これからの季節には常温よりも少し冷えた状態でいただくのが個人的には好みです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぐるりや(@gururiya2019)がシェアした投稿

写真の「カツオのエスニック風」はナンプラーを使ったたれで浅く漬けたカツオの刺身にパクチーを乗せたお料理。「船中八策」は超辛口なので、アジア料理やイタリアンにも合わせやすいお酒です(^-^)

お料理もお酒も軽く冷やしていただいちゃってください。あ~、まるでまるで白ワインのようなさわやかさ!

温度で違う表情を見せる、というのは純米酒ならではかな、と思いますが、その中でも、この「船中八策」というお酒は、誰にでもわかりやすいスタンダードなアプローチで変わり身を見せてくれるような気がします。

春先の、「ささみとふきのとうの天ぷら」にはぬる燗で。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぐるりや(@gururiya2019)がシェアした投稿

山菜の苦みにきゅっとしまる感じ。幸せが体中、かけめぐります笑

激しめなビジュアル

どちらかというと、「船中八策」のビジュアルは派手!

朱色のパッとした文字が、瓶のグリーンに映えてます~

なんかここ最近人気がある日本酒のようなシュッとした要素はあまり無いラベルデザインなんですが、野性味あふれるというか、ちょっと激しめな感じが忘れられない、魅力的な佇まい。

飲んでみたい、と思わせるインパクトで「ジャケ買い」してしまったのが最初の出会いでした(^-^)

飲んでみたら世界が変わる

ちょっと大げさですが、飲んでみたら自分の知ってる日本酒の世界が変わります、というか広がる気がします。
まだ飲んだことがないようでしたら、ぜひ一度トライしてみてください(^-^)

「船中八策」には 純米 超辛口 のほか ひやおろし やしぼりたて など種類もいくつかあります。同じ銘柄でも感じ方は違ってくるので、いろいろ試して日本酒の世界を広げてみてはいかがでしょうか!

最近のシュッとしたラベルデザインとは違い、グリーンの瓶に朱色の文字という、王道の補色関係でひときわ目を惹く印象深いビジュアル。

一本筋が通った美学を持つ高知のお酒という期待を裏切らない超辛口の味に、負けずとも劣らない佇まいだと思います。

当店でいつも出番を待っていますので、まだ味わったことない方、すでにファンの方、お立ち寄りの際には指名いただければ、喜びます(^-^)

最新情報をチェックしよう!

お酒の最新記事8件